使い方

HFM(HotForex)の自動売買セッティング方法|EAを使うメリットを徹底解説!

HFM(HotForex)は、豪華なボーナスだけでなく、スプレッドや約定力においても業界最高水準の取引環境を提供しているため、自動売買システム(EA)を稼働させて取引を行っている方も多いです。

自動売買システムを使えば「仕事や家事などが忙しくてあまりチャートを見れない」という人でも、24時間取引チャンスを逃すことがありません。

また、HFM(HotForex)では条件付きで無料VPSのホスティングサービスを提供しています。

このページでは、HFM(HotForex)のEAというテーマで、メリットや具体的な手順などを詳しく解説していきます。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
私も、HFM(HotForex)のVPSを使ってEAを動かしてるよ。

自動売買とは?

自動売買とは、その名の通り設定した取引ルールにしたがって自動で取引を行ってくれるシステムのことで、EA(ExpertAdviser/エキスパートアドバイザー)とも呼ばれます。

EAを稼働させれば、チャートに張り付く必要もなく取引を行ってくれるため非常に便利です。

カワセちゃん
カワセちゃん
自動で取引を行ってくれるなんて夢みたい。私も使ってみたいなぁ!
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
自動売買には、様々なメリットや注意点などがあるので順番に見ていこう。

HotForexで自動売買(EA)を利用するメリット

HFM(HotForex)の自動売買には、以下のようなメリットがあります。

取引チャンスを逃がさない

為替市場は平日24時間常時動いていますが、専業トレーダーを除けば、長時間チャートを監視できるという人は少ないのではないでしょうか。

そのため、出来上がったチャートを見て「ここでエントリーしたら利益が出ていたのに」「チャートを見てれば、ここでエントリーできた。」という思いをされている方もいらっしゃるかと思います。

自動売買システムを稼働させれば、システムが休むことなくチャートを監視してくれますから、このように取引チャンスを逃すことがありません。

機械的にトレードできる

FXで大負けする時には、感情的になって適正よりも大きなロットを張りすぎたり、逆に利益を伸ばすべき場面でチキン利食いをしてしまうということがよくあります。

自動売買を使えば、設定した取引ルールにしたがって機械的にトレードしてくれますから、このようなミスは起こりません。

トウシくん
トウシくん
機械的に淡々とトレードするのは、上級者の方でも難しいですからね。プロスペクト理論を克服するためには、EAを利用するのが効果的です。

スキャルピング用の極狭スプレッド口座がある

HFM(HotForex)ではタイプの3つの口座タイプがあり、スプレッドは業界水準よりも狭くなっています。

その中で、極狭スプレッドのゼロスプレッド口座はスキャルピング用として人気があります

自動売買はゼロスプレッド口座にも適用できますから、スキャルピングがメインの方や1日に数多く取引をしたい方におすすめです。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
HFM(HotForex)の各口座の特徴については、こちらで詳しく解説しているよ。
HFM(HotForex)のおすすめ口座は?口座タイプの違いを徹底解説!HFM(HotForex)では、3つの口座タイプを用意しています。 マイクロ口座 プレミアム口座 ゼロスプレッ...

条件を満たせば、無料でVPSサーバーを利用できる

自動売買プログラムを稼働させるためには、VPSサーバーを利用するのが一般的です。

VPSサーバーは有料で、設定などを自分で行う必要があるのですが、HFM(HotForex)では自社でホスティングサービスを提供しています。

ブロンズVPSパッケージ シルバーVPSパッケージ ゴールドVPSパッケージ
最小入金額 5,000ドル 8,000ドル 15,000ドル
RAM/CPU 1300MB Ram / 1 VCPU 2700MB RAM/ 2 VCPU 5120MB RAM/ 4 VCPU
ディスク容量 25GB 50GB 75GB
オペレーティングシステム Windows 2012 Windows 2012 Windows 2012
初期端末 HotForex MT4 端末の準備完了 HotForex MT4 端末の準備完了 HotForex MT4 端末の準備完了

また、上記の最小入金額をクリアすると無料で利用できます

カワセちゃん
カワセちゃん
私みたいにVPSの設定をやったことがない初心者の人でも、HFM(HotForex)のホスティングサービスなら安心して使えそうだね。

HFM(HotForex)の自動売買(EA)導入手順

次に、HFM(HotForex)で自動売買を利用する手順を解説します。

まず、稼働させる自動売買プログラム(EA)を用意しましょう。

HFM(HotForex)では、MT4・MT5いずれのEAも利用できます。

EAは、世界中で様々なシステムが開発されており、無料・有料のものがありますが、最初は無料または安価なシステムを使った方が無難です。

高額だから稼ぎやすいというわけではありませんから、いきなり高額なEAを購入しないようにしましょう。

有料のEAを購入する場合は、信頼できる大手販売サイトで成績が公開されており、ユーザーレビューを確認できるものを選びましょう。
TwitterなどのSNSからLINEに誘導して高額なEAを売りつける業者がいますが、ほぼ間違いなく詐欺ですのでご注意ください。

MT4、MT5をインストールする

まず、HFM(HotForex)の公式サイトへ移動して、EAを稼働させるためのMT4またはMT5をインストールします。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
MT4とMT5のインストール方法については、こちらで詳しく解説してるよ。
HFM(HotForex)のMT4ダウンロード方法!詳しい手順を画像付で解説!HFM(HotForex)は、取引用のプラットフォームにMT4とMT5を採用しています。 このペー...
HFM(HotForex)のMT5ダウンロード方法!詳しい手順を画像付で解説!HFM(HotForex)では、取引ツールとしてMT4とMT5を採用しています。 このページでは、HFM(...

MT4のインストールが完了したら、MT4を起動してサーバーへログインしましょう。

データフォルダを開く

ここでは、MT4にEAをインストールする方法を解説します。

MT4上部の「ファイル」→「データフォルダ」をクリックします。

データフォルダが開いたら「MQL」→「Experts」をクリックし、Expertsフォルダ内に入手したEAをドラッグ&ドロップします。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
ここまでできたら、いったんMT4を閉じて再起動します。

自動売買の設定を行う

MT4を再起動したら、上部の「ツール」→「オプション」をクリックします。

オプション画面が開いたら「エキスパートアドバイザ」タブを選び、画像のように「自動売買を許可する」「DLLの使用を許可する」にチェックを入れます。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
青の任意の欄は、そのままでも大丈夫だよ。EAの取扱説明書に指示があれば、それにしたがってね。

チェックを入れたら「OK」をクリックします。

自動売買プログラムを稼働する

ここまでの設定が完了したら、あとはMT4上部の「自動売買」をクリックするとEAが稼働します。

あとは、EAの取引ルールにしたがって売買が自動で行われます。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
EAを停止させたいときは「自動売買」をクリックすると停止するよ。

HFM(HotForex)の自動売買を利用する際の注意点

HFM(HotForex)で自動売買を行う際は、以下の点にご注意ください。

必ず利益が出るわけではない

自動売買プログラムは取引ルールにしたがって機械的に取引を行ってくれますが、100%の利益が保証されているわけではありません。

「レンジ相場に強い」「トレンド相場で効果を発揮する」「特定の通貨ペアに特化している」などEAによって特徴がありますから、現在の相場にあったものを使用することが大切です。

トウシくん
トウシくん
EAを稼働させてほったらかしにするのではなく、取引履歴や収支などをきちんとチェックしましょう。

ロット数の設定に注意する

EAの中には、残高に合わせて自動的にロットを計算してくれるものもありますが、自分でロット数を設定するタイプのものもあります。

プログラムにナンピンが入っている場合、ロットが大きくなりすぎるとロスカットされる恐れがありますから、資金管理には十分気をつけて下さい。

HFM(HotForex)の自動売買(EA)まとめ

最後に、HFM(HotForex)の自動売買についてまとめます。

HotForexの自動売買まとめ
  • HFM(HotForex)のスプレッドは、業界水準よりも狭いので自動売買に向いている
  • スキャルピング用のEAを使う場合は、極狭スプレッドのゼロスプレッド口座がおすすめ
  • 自社でVPSの無料ホスティングサービスを提供しており、条件を満たすと無料で利用できる
  • EAを使っても100%の利益が約束されているわけではないので損益や取引履歴、相場状況をチェックする
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
資金力や自分の取引スタイルに合ったEAを上手に利用して、HFM(HotForex)で利益を出していきましょう。