始め方

HFM(HotForex)の法人口座とは?必要書類と開設方法を詳しく解説

海外FXは、国内FX業者とは比較にならないレバレッジの高さや豪華なボーナスなどが魅力ですが、税率の高さがデメリットです。

そのため、海外FXで継続的に稼いでいる方は、法人口座の開設を検討してはいかがでしょうか。

HFM(HotForex)では、個人口座とほぼ同じ手順で法人口座の開設が可能です。

このページでは、HFM(HotForex)の法人口座について、必要書類や口座開設方法などを詳しく解説していきます。

HFM(HotForex)で法人口座を開設する3つのメリット

海外FX会社の中には、法人口座の開設時に英語の書類提出を求められるところがありますが、HFM(HotForex)では、個人口座とほぼ同じ手順で法人口座を開設できます。

法人口座には以下のようなメリットがあります。

  • 最大税率が低くなる
  • 最大10年間の損失を繰り越せる
  • 経費の幅が広がるので様々な節税が可能
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
それぞれのメリットについて見ていきましょう。

最大税率が低くなる

まず、最も大きなメリットは最大税率が低くなるという点です。

個人口座と法人口座での税率を比較してみましょう。

税の区分 最大税率
個人口座 雑所得 55%(所得税45%+住民税10%)
法人口座 事業所得 約35%(実効税率)

個人口座の場合、住民税を合わせると最大で55%の税金を取られてしまいますが、法人口座の実効税率は最大で約35%ですから、大幅な節税が可能です。

トウシくん
トウシくん
すでに法人として事業を行っている場合は、それらの事業と合算して最終的な所得が決まります。

最大10年間の損失を繰り越せる

個人口座の場合は、前年の損失を翌年に繰り越すことができません。

したがって、前年に大きな損失が出ていても、今年の損益がプラスの場合は申告が必要です。

法人口座なら最大で10年間の損失を繰り越せるため、前年の損失分と相殺することが可能です。

以下の例で比べてみましょう。

  • 個人口座で、前年に600万円の損失、今年1,000万円の利益が出た場合
    →前年の損失を繰り越せないため、1,000万円が申告の対象になる。
  • 法人口座で、前年に600万円の損失、今年1,000万円の利益が出た場合
    →前年の損失を繰り越せるため、1,000万円-600万円=400万円が申告の対象になる。
カワセちゃん
カワセちゃん
損失を繰り越せるかどうかで、めちゃくちゃ税率が変わってくるね!

経費の幅が広がるので様々な節税が可能

個人口座の場合、経費に計上できるのは原則としてトレードにかかった費用だけですが、法人口座では経費の幅が大きく広がります。

個人で認められているおもな経費
  • パソコン代
  • 通信費
  • 書籍・セミナー費用
  • 取引用に購入したインジケーター、EA(自動売買プログラム)
  • セミナーなどへの参加で使った交通費など
法人で認められているおもな経費
  • 個人で認められている経費
  • 役員報酬
  • 接待交通費
  • 住居費
  • 出張手当
  • 生命保険など各種保険
  • 退職金など

上記に加えて、社会保険に加入できますし、家族を社員にする、退職金の積立を行うことなども可能です。

トウシくん
トウシくん
法人口座にすることで、取引コストを大きく下げられることが分かりますね。

HFM(HotForex)の法人口座開設に必要な書類

HFM(HotForex)で法人口座を開設する場合、以下の書類が必要です。

  • 代表者の身分証明書
  • 代表者の住所証明書(6カ月以内に発行された公共料金請求書(電気料金・ガス料金・電話料金)、銀行取引明細書/クレジットカードご利用請求書など)
  • 法人名義の登記簿謄本
  • 法人の現住所確認書類(6カ月以内に発行された法人名義宛の公共料金や携帯電話の請求書等)

身分証明書・住所証明書については、代表者のものを提出します。

その他に法人名義の登記簿謄本、住所確認書類が必要ですが、日本語の書類で大丈夫なので、それほど手間はかからないでしょう。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
個人口座の本人確認手順については、こちらで詳しく解説してるよ。
HFM(HotForex)の本人確認(アカウント認証)を徹底解説|必要書類・手順・注意点HFM(HotForex)では、初回出金前に本人確認書類の提出が義務づけられています。 本人確認なしでも入金・取引は可能で...

HFM(HotForex)の法人口座開設方法

続いて、HFM(HotForex)で法人口座を開設する手順を見ていきましょう。

公式サイトへ移動する

まず、こちらのリンクからHFM(HotForex)の公式サイトへ移動します。

口座開設ページを開く

サイト上部の「ライブ口座開設」をクリックします。

会社情報と代表者情報を入力する

登録ページが開いたら上部の「企業タブ」をクリックし、会社情報を入力します。

①会社の所在国 プルダウンから「Japan」を選びます。
②会社名 会社名を英語表記で入力します。
③法人番号 12桁の会社法人等番号を入力します。
④居住国 代表者の居住国なので「Japan」を選びます。
⑤電話番号 代表者の電話番号を入力します。
⑥名前 代表者の名前をローマ字で入力します。
⑦姓 代表者の姓をローマ字で入力します。
⑧Eメールアドレス メールアドレスを入力します。
⑨生年月日 生年月日をプルダウンから選びます。
⑩パスワード パスワードを入力します。
⑪利用規約の同意 利用規約の同意にチェックを入れます。

すべて入力したら「登録」をクリックします。

口座を有効化する

先ほど入力したメールアドレスへ上記のようなメールが届いていますので「口座有効」をクリックします。

会社情報を入力する

上記のような会社情報の入力画面へ移動しますので、必要事項を入力します。

①推定純資産額 純資産額をプルダウンから選びます。
②資金源 HotForexの取引に使う資金源をプルダウンから選びます。
③本社所在地 会社の住所を英語表記で入力します。
④本社の郵便番号 会社の郵便番号を入力します。
⑤事業内容 事業内容をプルダウンから選びます。
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
記載内容によって取引が規制されることはないから安心してね。

申告にチェックを入れる

過去に犯罪歴があるか、上場しているかなどの質問事項が表示されるので、画像のようにすべて「いいえ」を選択します。

次に、利用規約の同意にチェックを入れて「保存して続行」をクリックします。

法人確認書類をアップロードする

続いて、法人口座開設に必要な書類のアップロード画面が表示されるので、用意した書類をアップロードします。

書類が受理されると、法人口座の開設が完了です。

ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
書類に不備があった場合などは、登録メールアドレスへ連絡がくるから指示にしたがってね。

HFM(HotForex)の法人口座まとめ

最後に、HFM(HotForex)の法人口座についてまとめます。

HFM(HotForex)の法人口座まとめ
  • HFM(HotForex)では法人口座の開設が可能
  • 法人口座にすると様々な節税が可能になる
  • 法人口座は、代表者の名義で登録し、本人確認では代表者の身分証明書・住所証明書・法人名義の登記簿謄本・法人の現住所確認書類を提出する
カワセちゃん
カワセちゃん
私も法人口座を作れるぐらい稼げるようになりたいな。
ジャパンちゃん
ジャパンちゃん
法人にすると節税できますが、法人税などがかかってきますから、最低でも2年ぐらいは安定して稼げるようになってから考えると良いでしょう。 
トウシくん
トウシくん
すでに法人として事業を行っている方なら、最初から法人口座を開設するのもいいと思いますよ。